謎の背中の痛み

 今日は珍しく朝寝坊。

 ちゃんとアラーム通りに起きたのに、その後すぐに2度寝してしまいトータルで1時間ぐらい寝過ごしてしまった。我ながら不覚である。

 

 まぁもともと朝は余裕を持って早起きしていたし、そのおかげで遅刻はしなかった。ただ、流石に弁当を作る時間は無くて昼はスーパーの総菜のお世話になることに……。

 職場のすぐ近くにスーパーがあるから別に良いとはいえ、買い食いするとどうしても1000円近くなっちゃうのがね。家計的にね。

 

 自制できたら良いんだけどねー。

 そもそも自制できたら太ってないんだよねー(現在体重115㎏)。

 

 

 ……と、与太話はそれぐらいにして、今日は日曜日なんでやっぱり平日に比べると客足は比較的多かった。とくに夕方辺りが混んだ。とても混んだ。

 

 そんでタイトルにもある通り、今日は背中が痛いというある患者さんがやってきた。

 話を聞いてみると、どうも原因ははっきりしないものの、なんだか背中が痛いという。ただ立っていたり座っていたりしてもあまり痛くはなく、寝ているときに体をひねったりすると痛むとか。

 

 場所としては腰というよりは背中。

 より厳密にいうと肩甲骨下部。

 

 だいたい背中が痛いって人は、肩甲骨の間が痛いって場合が多いんだけど、その人は珍しく肩甲骨の下あたりが痛いのだそう。

 ほえーと思いつつ、その患者さんにはぼくが入ることになった。

 

 そして結果は惨敗。゚(゚´Д`゚)゚。

 痛みの部位からして広背筋かなーと思いつつ、広背筋+腰臀部という形でアプローチしてみたものの痛みは変わらず……。ゆるめた腰臀部は軽くなったって言うのがなんか逆に切なかった。

 

 そこじゃない……そこじゃないんだ……。

 

 いまにして思えば、なんで肩に関与する筋である広背筋をやるのに腰臀部を絡めたんだろうと思わなくもない。そのときはイケると思ったんだ……そのときは。

 ただ、得られるものもあった。ひとつは腰臀部をやっても変化が見られないこと。これもこれでひとつの情報。そしてもうひとつは肩甲骨周りがやたら固いこと。

 

 最後に苦し紛れに肩甲骨にもアプローチしてみたんだけど、これがまぁ固い。

 とくに僧帽筋が固くて、肩甲骨自体が上方に引っ張られているような感じだった。ここを緩めたら、もしかしたら変化が得られるかもしれない。

 

 どうにかこうにか「肩甲骨周りが固かったのでそっち緩めたら変わるかもしれませんー」という、「じゃあ最初っからそっちやれや!」と言われそうな弁明をしつつ今回はしのいだけど、果たして次回来院するときがくるだろうか?

 

 来てほしいなぁ。そしてリベンジさせてほしいなぁ……。

 

 

 

 

 

新規家具

 今日の天気はくもり。

 昼頃にちょっとパラパラ降ったり降らなかったりと、いまいちハッキリしない。梅雨の間はうんざりするぐらい快晴続きだったのに、梅雨が明けた途端に天気が崩れだすなんて、まったくどういう了見なのか。

 

 おかげで遠出する計画がおじゃんだよぼかぁ。

 

 そんな天気の中、職場へ行くとなんだか新しい家具が職場に搬入されていた。

 昨日おれは仕事が休みだったから、どうやら昨日のうちに搬入されていたらしい。本日最初の俺の仕事は、家具追加に伴う待合室のレイアウトの変更だった。

 

 今日は男手が三人もいたらから、新参家具の配置自体はそんなに大変ではなかった。

 代わりに面倒だったのが、新参家具配置におけるレイアウトの変更。

 

 レイアウトの変更と言っても、ただ新参家具を配置した場所に元々あった棚やらポスターを移動させるだけなのだが、これがまぁめんどくさい。

 

 うちはお世辞にも広い院とは言えないから、そもそも家具類の置くスペースというのはかなり限られている。そこに大型新参家具が配置になったことにより、待合室は一時混乱を極める形になってしまった。

 

 狭いからね、仕方ないね。

 

 どうにかこうにか試行錯誤して綺麗にまとめてはみたものの、とかく邪魔。

 必要なものだったとはいえ、やっぱり邪魔なもんは邪魔だなあと思った。

貧乏なので黙々と教科書をコピーする一日だった。

 こんにちは、グラトニーです(`・ω・´)

 今日は貴重なお休みの日! ここ最近は天気が崩れ気味でしたけど、今日は久しぶりの快晴でした!

 

 ……まぁだからといって何をしたわけでもないんですけど。

 とくに外出する予定も無ければそもそも遊びに行くような金銭的余裕も無いですし、去年上京したばかりなので手軽に遊べる友達もいないし(´;ω;`)

 

 強いて言うなら、昨日職場からパク……もとい借りてきた教科書を黙々と自宅のコピー機でコピーしてました。トリガーポイントのやつ。

 臨床で扱う頻度が多い肩・腰・下肢のトリガーポイントを黙々とコピー。

 

 一応上司の私物だったんで、上司に「教科書コピーしたいんで借りてって良いですか!」って聞いたら「買えよ!」って言われちゃったんですけど、医療系の教科書ってどれもすごい高いんすよねー。

 

 だいたい7,8000円が相場で、比較的安価なものでも5000円近い。

 今回借りたトリガーポイントの教科書も、厚みはそれほどでも無いんだけど値段にしておよそ5000円。

 

 まだ1年目の下っ端整体師の財布にこの額はちょーっと厳しい。

 それに教科書って情報量が多くて正確なのが魅力ですけど、その代わりページ数が多くていちいち検索が面倒っていうのがネックなんですよね。

 

 それなら多少手間はかかってもコピー機で黙々と白黒コピーした方がコスパが良いってんで今日は頑張りました。

 この借りた教科書、トリガーポイントの場所のほかに関連痛領域も図示してくれてるので大変分かりやすい。画像主体っても嬉しいなぁ。

 

 あとはこの大量のコピーを一冊にまとめて、明日の臨床に生かしていきたい。

 

 

 

ハングリィ・ダンプティ

 はじめまして、グラトニーと申します。

 今回はこんな何もないブログにお越しくださってありがとうございます。

 

 これがこのブログを作成して一番最初の記事ということで、まずはぼく自身の自己紹介と、あとこのブログについて色々と書いていきたいと思います。

 

●自己紹介

 

 改めまして、グラトニーと申します。

 日本生まれの日本育ち、現在は関東に在住の23歳(男性)です!

 ちなみにまだ社会人2年目のペーペー(^^)v

 

 仕事はとある整骨院で整体師として働いています。

 

 サイドバーのプロフィールにも書いてある通り、もともとは理学療法士(通称PT)として別の職場に就職しました。しかしいざ働いてみるとリハビリの仕事があまりに自分の性に合わず、色々と悩んだ末にマッサージ系のスキルを学びたく整骨院に就職することにした……という次第です。

 

 一応PTの資格は持っていますが、PTの資格はあくまで医師の指示下でしか効力を発揮しない代物。なのでいま現在ぼくは「PTの資格を持っているのに整骨院で無資格の整体師として働いている」という、非常に面白おかしい状況にいます。

 

 

 

●このブログについて

 

 このブログは、主に職場であったことをメインに書いていこうと思っています。

 働いていての気づきとか、簡単な日記とか。健康に関する記事とかも書いていけたらなと思っています!